前へ
次へ

自治体における成人式該当者の割り振り

最近の自治体では、成人式の出席者を同学年で行っているところが多いように聞いています。それと、開催時期もいわゆる祝日である成人の日ではなく、お正月の帰省時期としている自治体もあるようです。私が成人式を迎えたのは、もうかなり前ですが、成人式は実際に19歳であっても同学年で行いほうが良いと感じます。それと、お正月等の帰省の時期に行うことにより数多くの出席が得られると感じています。20歳といえどもまだまだ人生の中では青いでしょう。ましてや、まだ大学生なら親のすねをかじる時期です。そんな集まりですから、同級生が集い、集まったほうが良いと感じます。大学生から見たら既に働いている同級生をみて、大人を体感することでしょう。

Page Top