前へ
次へ

就職祝いのお返しを贈る時期とは。

親戚や知人から就職祝いをいただいたら、本人が電話か手紙でお礼の言葉を述べることがまず第一です。お返しは、必ずしなければならないというものではありませんが、感謝の気持ちだけはすぐに伝えるようにします。お返しを贈る場合は、すぐでなくてもかまいません。初任給やボーナスをもらった際に、贈っても良いとされています。品物を贈る場合の相場は、いただいた額の半分から3分の1程度です。高価なものである必要はなく、自分の出来る範囲でかまいません。のしの表書きは、「内祝い」もしくは「御礼」とします。また水引は、紅白の蝶結びとします。品物は、お菓子や消耗品がよく使われます。最近は、相手が好きなものを選べるカタログギフトも人気です。

Page Top