前へ
次へ

女の子の七五三/髪置の祝、紐落としの祝

女の子の七五三は3歳と7歳に行います。3歳は髪置の祝いが由来で、この日から髪を伸ばし始めます。平安時代は男女関係なく3歳までは坊主頭が一般的でした。当時は乳児の髪を切れば、もっと健康な髪が生えてくると考えられていたためです。7歳は着物を留めるのに使用していた紐を外して、帯を使い始めます。帯解き・紐落としの儀です。大人と同じ幅の広い帯を身につけ始めます。由来通りなら、3歳と7歳で七五三を祝います。しかし、現在でははっきりした区別はなく、3歳5歳7歳すべて祝う地域もあります。またいずれか一回だけ祝う地域もあります。実家や婚家に相談して確認することが大切です。いずれの場合も子供の健康を感謝し、さらなる成長をお祝いするのはどの地域も代わりはありません。

Page Top